投資銀行への転職は証券アナリストなどの業務経験が有利

投資銀行への転職の道

投資銀行は一般の銀行とは異なり、個人相手の業務はありません。主な業務は株式や債券の引き受けで、企業への金融に関するアドバイスなども行います。アメリカでは投資銀行は預託業務を禁止されています。そのため主に法人を相手にした証券会社というイメージになります。投資銀行というと外資系のイメージがありますが、国内銀行でも投資銀行業務を行っている銀行があります。いずれにしても投資銀行への転職は、金融に関する高い専門知識が必要です。経済に詳しいことだけでなく、語学力も求められるでしょう。投資銀行に採用されている人は、高学歴つまり超難関大学出身者が多いと言われています。しかしそれは新卒の場合で、転職の場合はそれまでのキャリアをアピールするといいでしょう。


リクルートエージェント

特に投資銀行に転職する場合には、日系の証券会社でアナリストの経験を積むのが近道だと言われています。アナリストとは証券アナリストのことで、経済の分析や企業の財務分析をし、時には経営者にインタビューをして、経済の動向や株式の価値の分析や評価をおこなう仕事です。証券会社の社員として仕事をします。アナリストの出す株式の分析や評価が、投資家が資産運用する際のヒントになるので重要な仕事です。アナリストになるには証券アナリストの資格試験を受けなければいけません。まずはその資格を取って、証券会社でアナリストとしての実績を上げるといいでしょう。

また投資銀行への転職には、大手銀行での業務を経験している人が望ましいようです。求人の条件や望ましい資格、経験などを見てみましょう。大手銀行で特に法人営業、法人事業経験者であることなどが挙げられています。また企業でもM&Aの経験者が求められています。できれば企業よりは銀行や証券会社経験者の方がいいようですね。日系銀行でもステイタスや高い給料が得られますが、投資銀行はさらに高度な業務をこなします。より高い報酬などが期待できるでしょう。しかし、体力、精神力も必要になります。

投資銀行に転職する際には、優れた語学力が必要です。またMBAホルダーが有利になります。しかし転職の場合は、ただ学位や資格を持っているだけというよりは、実務能力や経歴などが重視されます。新卒なら超一流難関大学卒でないと採用されないと言われる投資銀行ですが、転職だからこそそれ以外の大学卒業者でも経験次第では採用のチャンスがあるということです。

投資銀行への転職の道

投資銀行で働くということ

投資銀行で働くには一般の銀行や証券会社での経験が必要

投資銀行への転職の道

投資銀行への転職の道はまず金融機関で経験を積むこと

投資銀行での転職先

投資銀行の転職先は外資系投資銀行や証券会社など

投資銀行への転職で求められる資格や知識

投資銀行への転職は資格、知識、実績、経験が必要

投資銀行への転職の道

サイトマップ