ナイトアイボーテによる刺激への対処方法をチェック!

ナイトアイボーテは二重ラインが作れる魅力的なアイテムだけど、やはり皮膚への刺激が心配ですよね。

 

目元は特に皮膚が薄くてデリケートだから、低刺激と言われているナイトアイボーテでも不安という人も多いはず。

 

 

どのくらいの刺激があるのか、どんな症状があるのか把握しておきましょう。

 

 

ナイトアイボーテに刺激はあるのか?

 

ナイトアイボーテは、アイプチと同じように接着成分で二重ラインを目指すアイテムです。

 

強い刺激となる成分は配合されていなくて、美容成分もふんだんに入った低刺激処方が魅力。

 

でも特に肌の弱い敏感肌の人には刺激となることもあるみたいです・・。

 

敏感肌の人からはこんな声が寄せられています。

 

 

夜も昼も使っているとまぶたがヒリヒリして痛くなる時がある
使っていたら目元が熱くなり赤く腫れてきた

 

目への刺激が最小限に抑えられたナイトアイボーテだけど、100%誰にでも安心ということはないみたいですね。

 

 

症状別で考えられる原因は?

 

ナイトアイボーテには肌への刺激が考えられる成分が入っています。

 

  • エタノール
  • メチルパラベン

 

これらの成分は化粧品にはよく配合されている成分で、ナイトアイボーテを作るためにも欠かせない成分だったりします。

 

でもこれらの成分で、さまざまな症状が起こる可能性があることも事実!

 

ヒリヒリや痛み、熱くなったり腫れるのはエタノールやメチルパラベンによる可能性が高いかも。

 

 

アイプチなどよりも低刺激!

 

でもナイトアイボーテには、アイプチなどに使用されることが多い刺激の強い成分は入っていません。

 

ゴムラテックスという接着成分はアイプチによく入っている成分で刺激が強いです。

 

これで肌荒れを起こす人も多いんですよ。

 

だからアイプチからナイトアイボーテに代えてから、かぶれなくなったという声も多いです。

 

 

まぶたが伸びたり破れる原因は?

 

まぶたが伸びたり破れるのは使い方に問題があるかも。

 

ナイトアイボーテの接着成分は低刺激ながらも独自の配合によって接着力は強いです。

 

だからラインのくせ付けの方法や落とし方が間違っていると皮膚が伸びたり破れることもあるので注意してくださいね。

 

 

ナイトアイボーテで肌トラブルが起こった時の対処法は?

 

ナイトアイボーテを使って少しヒリヒリしたり赤くなるようなら、使う回数や量を少なくして様子を見ましょう。

 

痛みや腫れが続くようなら、一旦使用を中止してくださいね。

 

症状が悪化すれば色素沈着したりして、元に戻せなくなる可能性もあります。

 

酷いようならすぐに皮膚科で診てもらいましょう。

 

 

自宅で出来る対処法は?

 

症状が軽いようなら自宅で対処しても。

 

ヒリヒリしたり赤く炎症を起こしてるようなら保冷剤をタオルで包んで冷やすのもよいでしょう。

 

またはワセリンなどで保湿するのもおすすめだけど、気になるようなら念のために皮膚科で相談してみてくださいね。

 

 

ナイトアイボーテは肌への刺激が抑えられているけど、特に敏感肌の人は注意して使ってくださいね。

 

何か肌トラブルがあったら悪化するのが一番怖いので、皮膚科で診てもらいましょう。